DJI CAMP お申し込みについて



【当店開催のDJI CAMPのご案内】


DJI CAMP は、DJIが認定する技能認定資格認定プログラムです。
このプログラムでDJIスペシャリストに認定されると、 今後の業務を行う上でドローン操作スキルをクライアントに対して証明することができます。
そのため特に業務でドローンを飛ばす方にはぜひ取得していただきたい資格です。 


DJI CAMPとは・・・
DJI CAMPとは、マルチコプター(ドローン)およびカメラ技術を開発・製造するグローバルリーダー、 DJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格です。
DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、 DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。 



DJI スペシャリストとは・・・
DJIスペシャリストは、DJIインストラクターの指導によるDJI CAMP(座学教育と実技指導)を受講した、 10時間以上の飛行操縦経験がある操縦者です。
DJIインストラクターから教育、監督、技能資格証明を受け、 実際のマルチコプター飛行業務に従事できる技能を証明できます。 






●DJI CAMP 基本講座

DJI CAMPを初めて受講する方は、こちらの基本講座からの受講が必要です。

ドローンの運用にあたり、最も基本的な知識と操作方法が習得できているかを判断し認定する講座です。
10時間以上の飛行操縦経験がある方が対象となります。
合格しますと国土交通省への書類提出の際に以下の内容について緩和されます。


・人又は家屋の密集している地域の上空(人口密集地区)
・人又は物件と30mの距離が確保できない飛行
・進入表面の上空の空域
・地表又は水面から150m以上の高さの空域
・催し場所上空の飛行





基本講座の詳細及びお申し込みはこちら






●DJI CAMP 追加カリキュラム

「夜間飛行」「目視外飛行」「物件投下」については基本講座とば別に
”追加カリキュラム”として技能認証が求められます。


受講されますと国土交通省への書類提出の際に以下の内容について緩和されます。
筆記試験や実技試験はございません 。


※夜間飛行の追加カリキュラムが必要な例
夜間撮影、日の出前の農薬散布作業などで飛行を行う場合に、夜間飛行の技能認証の必要性が求められます。



※目視外飛行の追加カリキュラムが必要な例
測量や点検作業など広範囲の自動飛行を行う場合、 また操縦者がFPV用ゴーグルを利用して飛行を行う場合など、目視外飛行の技能認証の必要性が求められます。



※物件投下の追加カリキュラムが必要な例
ドローン(無人航空機)から投下する物件は、基本的に全て物件投下になります。
水や農薬などの液体や霧状のものの散布も物件投下に該当します。
この様な場合は、物件投下飛行の技能認証の必要性が求められます。



※「危険物の輸送」について
危険物の輸送の講義は、追加カリキュラム内の講義に含まれます。
※危険物とは航空法で規定された火薬類、高圧ガス、引火性液体、可燃性物質類、凶器、放射性物質などをさします。





追加カリキュラムのお申し込みはこちら






まとめてのお申し込みがお得です!!

基本講座と追加カリキュラム3項目をまとめてお申し込みする事もできます。

【まとめてお申し込みはこちらから】







事前講習会のお申し込みはこちら




ページトップへ