【送料変更に関するお知らせ】


この度、配送業者の運賃値上げに伴い、送料が変更になりました。
只今修正中につき、一部の商品に送料が記載されておりますが、送料変更前の価格になっております。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。


≪詳しくは、『送料・手数料について』をご覧ください≫


様々な業務に使えます





【7つのソリューション】

産業用ドローンとして実用性の高いSoloは、以下のような分野での活用に利用できます。





測量



3次元データによる生産効率の実現「Site Scan」

日本の建設・土木業界では、測量・設計・施工・管理・完成検査にいたる全てのプロセスで、 現場の生産性向上を目的とした「i – Construction」の取り組みが始まっています。
これら一連の作業を3Dデータによって効率的に行うことが目的で、 ドローンによる3次元測量に期待が高まっています。
SoloのSite Scanは、Auto Deskとのコラボレーションで、 空撮した画像を瞬時にデータ処理し、3DR Cloudを通じて3次元画像を提供いたします。
短時間で高度な3次元測量が行えるほか、 そのデータを設計や施工計画に引き継ぎ、度量計算を自動算出することができます。

用途:測量・建築・建設・土木・コンクリート




建築・建設



上空からの現場確認

建設・建築業界では、設計段階から完成に至るまで、作業現場の管理が長期間に及びます。
日常的に行われる目視での点検は神経を使い、 時には大型の建設機械を現場に導入した管理が行われています。
Soloはそのような現場の最前線でその力を発揮し、 自動飛行による高所点検や、作業現場、建築物の確認、 3次元データによる精度の高い計測などを実現します。

用途:測量・設計・建築・モニタリング・在庫確認・安全性調査・コンプライアンス調査




保険・鑑定



空からみた被害状況の把握

事故や自然災害の発生後には建築物や構造物など被害状況の確認作業が行われます。
作業現場は、高所や足場の不安定な場所など危険を伴うケースが多く、 長時間に及ぶストレスや経費のかかる作業が求められます。
安定した飛行パフォーマンスで定評のSoloは、 コントローラーのスティック操作に機敏に反応する一方で、 重量感のあるホバリングにより、 ピンポイントで確認したい場所を空撮することができます。

用途:保険加入前調査・自然災害後の鑑定・記録




インフラ点検



自動飛行による効率と安全確保

広大な敷地に点在する工場設備の点検、あるいは老朽化した建築物や橋梁など、 安全のために劣化状態を把握する必要があります。
これらは高所での作業が求められることが多く、 スタッフの安全管理や高額な専用機材の手配などコスト面の管理も気になります。
Soloのスマートショットで自動飛行を設定することで、 撮影に集中でき、より精度の高い現場確認をすることができます。
短時間に、しかも安全に作業をこなすことで、効率化をはかることができます。

用途:測量・設計・モニタリング・点検




公共設備・送電



自動飛行による効率と安全確保

山岳地帯の多い日本列島で、全国くまなく電力網が発達しています。
山間地での設備点検などの高所作業は危険が伴い、 時には専用の高所確認機材を手配するなど、大掛かりな作業となります。
専用バックパックにSoloと予備バッテリーを詰めて作業現場に向かってください。
機動性を考えたSoloは、作業を行う方々に納得いただけるパフォーマンスを発揮するはずです。

用途:設計・モニタリング・検査




農業



空から得られる精密農業

日本の農業では、収穫量の安定化や生産効率を促すため精密農業が普及し始めています。
トラクターや大型作業機ではコンピュータを駆使した作業形態が用いられ、 農業現場のIOT化の動きもみられます。
Soloの自動飛行や赤外線カメラなどを利用することで、 収穫適期の把握や圃場管理など、これまで勘に頼ってきた農業から、 よりデータを駆使した精度の高い営農が可能となります。

また、SoloとParrot Sequoia 農業用マルチスペクトルカメラ(※1)の組み合わせによって、 NDVI分析が簡単にできるようになります。

※1:詳しくは当店までお問合せ下さい。

用途:圃場のプランニング・作物の育成度合・収穫を最大限に、コストを最小限に・環境モニタリング




災害・防災・セキュリティー



拡張性を活かした緊急対応

地震や台風など自然災害の多い日本列島では災害時、 現場状況の把握が非常に重要です。災害発生後、即座に現場を確認することは、 多くの人命救助につながることも考えられます。
Soloには自動飛行機能が搭載されておりますので、 ドローンの飛行に慣れていない方でも、 ボタン一つでフライトさせることができ、 緊急時の活躍が期待されます。

用途:消防・救助・セキュリティ




その他にも、応用次第で使い道は広がります。可能性を秘めた機体です。

業務向けのアプリ






【業務向けアプリ「Site Scan」】

専用カメラを使用しなくても、GoPROで撮影した映像・画像を3DRアプリ「Site Scan」を使用することで、様々なデータを制作し、 編集・加工が行えます。











自動飛行モード


【 SMART SHOTS 】

Soloに搭載された自動飛行モード「スマートショット」機能についてご紹介します。




Cable cam



任意に指定した飛行ポイントをケーブルでつながれたように飛行します。




Orbit



指定したポイントを中心にカメラアングルをキープしたまま旋回します。




Selfie



カメラアングルをキープしたまま、被写体に近づいたり遠ざかったりします。




Follow



移動する対象をカメラで捉えたまま、自動追尾します。




Pano


※こちらは画像でのご紹介です。

パノラマ空撮モードです。構図を決めれば、Soloが自動でパンしながら、360度のダイミナミックなパノラマ映像と写真で映像を記録できます。



Zipline


※こちらは画像でのご紹介です。

あらゆる方向に、無制限に仮想ケーブルの設定ができ、決められたラインに沿ってSoloが上下移動したり、カメラ操作に合わせてスピードや向きを変え、ドラマチックな映像を撮影できます。


ページトップへ