【送料変更に関するお知らせ】


この度、配送業者の運賃値上げに伴い、送料が変更になりました。
只今修正中につき、一部の商品に送料が記載されておりますが、送料変更前の価格になっております。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。


≪詳しくは、『送料・手数料について』をご覧ください≫


【専用バッテリー1本プレゼント中】 ディスプレイ付送信機モデル DJI PHANTOM 4 ADVANCE +(プラス) (当店テストフライト調整済)


★DJI DRONEGENIC スペシャルオファー★

キャンペーン期間中にこちらの商品をご購入いただきますと、
専用の5870mAhバッテリーを1個プレゼントいたします!!

〜2017年11月11日〜2018年1月7日まで!!〜


【専用バッテリー1本プレゼント中】 ディスプレイ付送信機モデル DJI PHANTOM 4 ADVANCE +(プラス) (当店テストフライト調整済)

価格:

179,630円 (税込 194,000円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら











大幅値下げでお求め安くなった、PHANTOM4 ADVANCE です。
PHANTOM4proに対して衝突防止センサーが横と後ろが無いだけで、他の仕様は同じです。

★専用ディスプレイ付き送信機のモデルです。

1インチ2,000万画素センサー、飛行時間30分、前方障害物回避、スマート機能など、 さまざまな機能を搭載。空撮のためにより進化を遂げたツールです。


★当店ご注文特典!!屋外テストフライト等を含めた機体確認作業済です!!(無料です)

1.機体・フライトバッテリー・送信機のファームウェアへは、最新のものにアップデートいたします。
2.機体・送信機・カメラの動作確認、操縦・通信の電波状況に不具合が無いか確認いたします。

以上の事を当店にて行わせていただき、出荷いたしております。

ドローンは屋内の起動テストのみでは不具合がわからない場合がございます。
実際に屋外で起動・フライトテストを当店で行い確認いたしますので、ご購入された後は安心して直ぐにお使い頂くとこができます。

※商品出荷後に新たにファームウェアが発表された場合、アップデート作業が必要になります。ご了承ください。
※商品について、ご不明な点は当店までお気軽にお問合せ下さい。ご購入前でも結構です。
※他店様でご購入、ご予約頂いた商品につきましてはお答えできかねます。




●お買い上げ頂いたドローンの”操縦・取扱いの指導”致します。(有料です)
当店でお買い上げいただいたドローンに限り、安全にドローンを運用できるよう 取扱いのご説明、またフライトにおける注意点など、ご指導させていただきます。
始めての方は説明書だけではわかりにくい場合もありますので、 実際に説明を受けながら触ってみていただいた方が理解しやすく、また安全に始められると思います。
お申込、スケジュール、出張等におきましては事前にご相談願います。
どうぞ、お気軽にご利用下さい。


※ご指導いただけない場合は電話やメールで、できる限りのサポートをさせて頂きますのでご安心ください。(無料です)






同梱物



,br> PHANTOM 4 PROシリーズとの違いはこちらをご参考下さい。
※当店まで直接お問合せ下さってももちろんOKです。お気軽にどうぞ!!

●機体:Phantom 4とPhantom 4 Advancedの主な違いは何ですか?
1・Phantom 4 Advancedの新しいカメラは、ビットレート100Mbpsで、4K/60fpsの動画および最大2,000 万画素の静止画を撮影します。 より信頼性の高い伝送を行うため、この伝送システムとは別売の一体型モニターを併用することもできます。 新しい一連のインテリジェント・フライトモードが、オペレーターにサポートを提供します。 Phantom 4 Advancedの最高飛行速度は、Pモードで飛行する場合、Phantom 4よりも若干速くなりました。 最大飛行時間は30分に延長。さらに、伝送距離は4kmに、障害物回避範囲は15mから30mに拡大しました。

2.Phantom 4 AdvancedはPhantom 4 Proのほとんどの機能を引き継いでいますが、 価格をより手頃にするため、Phantom 4 AdvancedのFlightAutonomy (フライトオートノミー)システムは後方ビジョンセンサーと2つの赤外線センサーを搭載していません。 また、送信機も5.8GHzの周波数帯域には対応しておらず、 TapFly (タップフライ)後方の機能も装備されていません。以上がPhantom 4 Proと異なる点です。

●機体:Phantom 4とPhantom 4 Advancedの両方で使用できるアクセサリーは何ですか? プロペラ、インテリジェント・フライト・バッテリー、充電器、電源ケーブル、マイクロUSBケーブルがいずれの機体でも使用できます。


●カメラ:Phantom 4のカメラと比較して、Phantom 4 Advancedのカメラにはどのような利点がありますか?
Phantom 4 Advancedは、H.265コーディックを使用してUHD 4K (4096X2160) 動画を60fpsで撮影できます。最大ビットレートは100Mbpsです。Phantom 4 Advancedを使えば、映像を撮影しながら静止画を撮ることもできます。Phantom 4 Advancedのカメラのセンサーも Phantom 4 より大きく、よりクリアな映像を実現 します。

●カメラ:Phantom 4 Advancedのメカニカルシャッターのメリットはなんですか?
メカニカルシャッターで、高速で動く被写体を電子シャッターで撮影する時に映像が歪んでしまうローリングシャッター現象を回避できます。

●カメラ:Phantom 4 Advancedのカメラはフォーカスの調整に対応していますか?
対応しています。測光モードからフォーカスモードに切り替えた後、ディスプレイ上の1ヵ所をタップすると、そこにピントが合います。シャッターボタンを全押しして画像を撮影する前に、シャッターボタンを半押ししてオートフォーカスを起動することもできます。フォーカスは1mから無限遠まで設定可能です。

●カメラ:Phantom 4 Advancedのカメラレンズの特徴を教えてください。
Phantom 4 Advancedのカメラは、空撮用に特別設計された広角レンズを搭載しています。絞りはF2.8からF11までに対応し、焦点距離は24mm (35mm判換算)です。メカニカルシャッターを装備し、オートフォーカスにも対応しています。


●障害物認識システム:Phantom 4 Advancedの障害物認識システムにはどのような変更が加えられていますか?
Phantom 4 Advancedの前方ビジョンシステムの認識範囲は30mに拡大しています。

●障害物認識システム:どのようにビジョンシステムのキャリブレーションを実施すればよいですか?
DJI GO 4アプリで、ビジョンシステムのクイックキャリブレーションを行えます。または、コンピューターでDJI Assistant 2を起動して、高度なキャリブレーションも実施できます。詳細についてはチュートリアルをご参照ください。


●送信機:Phantom 4 Advancedの送信機にはどのような変更が加えられていますか?
Phantom 4 Proと比較すると、Phantom 4 Advancedの送信機は5.8GHzの周波数帯域には対応していません。 Phantom 4 Advanced+ 送信機は内蔵ディスプレイ搭載です。

●送信機:Phantom 4シリーズでPhantom 4 Advancedの送信機と互換性があるのはどれですか?
現在、Phantom 4 Advancedの送信機は他のPhantom 4シリーズの機体との互換性はありません。


●インテリジェント機能:Phantom 4 Advancedにはどのような新しいインテリジェント・フライトモードが搭載されていますか?
Phantom 4 Advancedの新しいインテリジェント・フライトモード には、Draw (ドロー)モード、ジェスチャーモード、より充実したTapFly (タップフライ)モード、トライポッドモード、地形フォローモード、より充実したActiveTrack (アクティブトラック)モードがあります。


●Phantom 4 Advancedの推進システムはどのように強化されていますか?
PモードでのPhantom 4 Advancedの最高飛行速度は14m/sです。








ページトップへ